重くてダルイ【肩こり】肩こりは頭の重さが原因だった!?

 ◆肩こりの症状

一般的に肩こりとは首から肩甲骨周辺にだるさや重さ、場合によっては鈍い痛みが発生します。特に肩の後ろ側(僧帽筋)に症状が出ることが多いです。 「肩甲骨の動きが悪い」 「常に肩に倦怠感がある」 「肩の筋肉がガチガチに硬くなっている」 「肩こりからめまいや頭痛が起きる」 「腕や手のしびれが出る時がある」 このような症状で悩んでいる方が多いです。 肩こりは強い痛みを感じたりすることは稀ですが、日常的に倦怠感を感じるため、仕事やプライベートに大きな支障をきたしてしまいます。

◆肩こりの原因

当院に来院されるお客様の多くは、肩が直接の原因ではく、他の部位が原因で肩に負担がかかり症状が発生しているケースが多く見受けられます。それが証拠に肩をマッサージで揉んで一時的に楽になりますが、すぐに症状が戻ってきてしまい来院される方がとても多くいらっしゃいます。 まず肩は頭の重さと二本の腕を常に支えているため、普通の生活の中でも負担がかかりやすい部位になります。 特に負担がかかりやすい部位が首の後ろから背中までを覆う「僧帽筋」と、首の骨から肩甲骨上部に付着している「肩甲挙筋」などがあります。僧帽筋は首を正しい位置に固定したり肩甲骨の運動に関与します。肩甲挙筋も肩甲骨の運動に関係してきます。これらの筋肉への負担が原因で首や肩から背中全体の広範囲の症状となります。 これらの筋への負担から緊張が発生してしまうと、血液の流れが滞ることで血行不良になり、次第に筋肉に疲労物質や老廃物が溜まることで血管がさらに圧迫を受けてしまいます。 では肩に直接の原因がない場合、どのような理由が考えられるでしょうか。多くは体のバランスが崩れることで体に負担がかかるり緊張することで、その緊張に引っ張られるようにして最終的に肩に辛さが出てきてしまいます。体が正常な位置にない場合、骨格で支えられない分を筋肉で支えることになるため、最終的に肩こりなどの症状に発展していきます。 そのため頭や腕が正常な位置にない場合や、骨盤のバランスが崩れている方は、体の歪みが原因となり肩こりとなっている可能性が考えられます。 骨格が歪む原因としては、日常の生活習慣からくる場合や、外傷に起因して歪みが発生する場合などがありますが、日本人は西洋人と比較し、頭が大きい割に上半身の筋量が少ないことや、上半身をよく使う(お箸やお辞儀)ため肩こりが多い傾向にあると言われています。 またデスクワークなど長時間同じ姿勢でいることで下半身の筋肉が常に圧迫を受ける状態になることや、長時間ディスプレイをみていることでの眼精疲労などから肩首周りの筋肉の緊張に発展するケースなども考えられます。 当院では、何が原因で肩こりが発生しているのかしっかりと検査をした上で、骨格的な歪みを骨格矯正で、筋膜の緊張からの不調を筋膜矯正で調整していきます。

◆肩こりの施術方法

当院は、骨格矯正では一例として体の土台である骨盤の歪みに関わる仙腸関節を調整していきます。仙腸関節は上半身と下半身を繋げる重要な関節で過度な負担により本来の働き出来なくなることで骨格の歪みが発生してしまいます。筋膜矯正では筋や筋膜の全身バランスを確認し、どの筋膜が原因で方が肩こりが発生しているかをチェックし矯正をしていきます。 調整後には負担の少ない座り方など、日常生活で使えるアドバイスも併せてお伝えしますので、是非行ってみてください。


自由が丘 肩こり 肩の痛み