消えない違和感【坐骨神経痛】痺れにサヨナラ

◆原因

坐骨神経とは腰のあたりから足の指先まで伸びている、人体の中で最も長く太い末梢神経です。この神経が圧迫されたり刺激を受けることで、腰やお尻、太ももやふくらはぎや足先などに痛みや痺れの症状が現れます。これらの症状を総称して「坐骨神経痛」と呼ばれます。

腰の骨(腰椎)に異常が生じて坐骨神経を圧迫、刺激し発生するケースが多いとされており、長時間のデスクワークや、過度な運動、または運動不足などが原因で発生するケースもあります。また世代別に原因となる疾患に傾向があり、若い世代では腰椎椎間板ヘルニアと梨状筋症候群、高齢者では腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアなどが原因で発症するケースが多いです。その他にも変形性腰椎症や腰椎分離症やすべり症なども注意すべき原因になります。

◆症状

坐骨神経が圧迫や刺激を受けることで、腰やお尻から太ももやふくらはぎを通り指先にかけて、痛み・痺れ・麻痺などの症状が出現します。通常は左右どちらか一方に起こり、チクチクとしびれる感覚、しつこい痛み、うずくような痛みを起こします。また張り感や熱感、圧迫感を訴えるケースもあります。前項で述べた通り、太く長い神経のため、全体的に症状が出るケースや、部分的に症状を訴えるケースなど様々です。また初期は軽い痺れや張り感ですが、慢性化することで痛みが強くなり、安静時においても症状を感じるようになり日常生活に支障を及ぼす恐れがあるため注意が必要になります。この痛みは歩いたり、走ったり、階段を上ったり、脚を伸ばすと悪化することが多いです。

※足を伸ばすと痛みが増す場合は、坐骨神経痛の可能性があります。気になる方は一度試してみましょう。

◆施術

骨格の視点からは、まず痺れがどこから出ているのかをしっかりと検査した上で、骨盤矯正で歪みを整えていきます。 検査には整形外科テストを用いて歪みが出ているのが何番目の骨と骨の間から出ている神経なのかを特定していきます。原因を特定した後に骨盤矯正で体全体のバランスを整え、腰椎(背骨の腰部分)を正しい位置に矯正し、歪みが原因で発生していた神経圧迫を緩和させていきます。また上半身の歪みは椎骨への負担を増大させてしまうため、上半身のバランスもしっかりと整え椎間板にかかっていた負荷を減らし、飛び出していた椎間板の一部によって発生した神経圧迫を緩和するように調整していきます。

また筋膜の視点からは、痺れのメカニズムとして神経の圧迫や牽引が体の内部で発生している状態で発生することが多いため、末梢の神経から検査を行っていきます。坐骨神経の圧迫によって影響を受けやすい部位として、膝裏や前脛骨筋、腓骨筋などが考えられます。これらの部位に坐骨神経から枝分かれした神経が出ているからです。また臀部の筋肉が固まり坐骨神経を圧迫することで症状が強く出ることも多いです。 特に坐骨神経はお尻の筋肉である梨状筋の間を通っているため、この筋肉が固く緊張してしまうと坐骨神経を挟むように圧迫し痺れや痛みの原因となってしまいます。 筋肉が固まる原因の多くは、同じ姿勢をとっていたりすることで普段から動かさないことで起きることが多いため、筋膜矯正で筋肉の緊張を緩めるだけでなく、緩んだ筋肉が再び固まらないように、お尻にある大きな筋肉(大殿筋)をしっかり使えるように運動を行います。神経圧迫の影響として伝達効率が下がることで筋肉の持っている本来の力を発揮できないことがありますが、お尻周りの筋肉に刺激が入ることで神経の伝達がよくなり、発揮できる力も施術前より強くなります。筋膜、筋肉を矯正しケアすることで、痛みの緩和と再発防止をメインに行っていきます。


◆お客様の声


ミタケ様/男性/22歳
説明が分かりやすく足の方も軽くなりました。


Taiga様/男性/25歳
自分のだるさ等の原因が色々わかったと思うのでこれからストレッチもこころみてみます!


白木智之様/男性/24歳
身体が幸せになりました。整体してもらえるだけでこんなに違うならやってもらうっきゃないという感じ。ありがとうございました。


自由が丘 坐骨神経 坐骨神経痛