骨格×筋膜が必要な理由

◆ 健康は”骨格”と”筋膜”で作る

人間を支えているものは『骨格』です。
骨格が支えているから、人は楽に立てたり歩いたりできるのです。でも整体院や接骨院で、骨盤矯正や姿勢矯正をしても姿勢が良くならなかった経験はありませんか?それは、第二の骨格である筋膜にしっかりアプローチできていなかった可能性があります。ハーバード大学医学部のイングバー博士は、生物の構造が全てテンセグリティーで出来ていると主張しました。参照:日経サイエンス

テンセグリティーがどういうものかというと、圧縮力と張力の力のつり合いによって構造が自己安定する構造システムのことです。最近では色んな建築物に応用されています。200個以上の骨から成る人体が安定して立ったり動いたり出来るのは、筋膜に包まれた筋肉や腱や靭帯などの張力があるからで、それを圧縮力に耐える骨が受け止め、全体として複雑なテンセグリティー構造を作って身体を支えているということです。つまり体を支えている構造としても『骨』と『筋膜』の両方がとても重要ということなのです。

◆ 骨は【積木の原理】

人の体は200個以上の骨から構成されています。何でそんなに別れているかというとそれは動く必要があるからです。人が1本の骨だけで構成されていれば動くことはできません。骨が分かれているから動くことができるのです。

ところで普段の動作で立ったり座ったり段差を登ったりする時に、骨をどのように動かせばいいかと考えたことはありますか?
ほとんどの方が無意識で行っていると思います。坂道を登る時は足が上げやすいように骨盤は後傾し、上半身は前に倒れたりシュチュエーションに応じて最適な形に骨を動かして体を操作しています。

例えば立った状態で膝を曲げてみて下さい。膝を曲げた姿勢は横から見ると前に出ている状態になります。ただ膝から上がそのまま真っ直ぐのっていると前に倒れてしまいます。だからその上の骨盤は膝よりも後ろにいきます。同様に骨盤の上にある上半身がそのまま上に真っ直ぐのっていると後ろに倒れやすく不安定な為、頭は前に倒れていきます。このように真ん中に重心を保つために膝や頭は前へ骨盤は後ろへと動いてくれてバランスを崩さないように調整してくれているのです。積木をバランスよく積んでいくのと同じようにどこかがズレれば、他がそのズレを補うような形を取り、積木が崩れないように人の体も勝手にバランスをとってくれているのです。

姿勢が悪くなるというのはどういうことでしょうか?
1つの要因として、骨が動かなくなることから起こります。本来は勝手に筋肉を使って骨を動かし適切な位置に調整しているのですが、動くべき骨が動けなくなってしまうと、そこから派生して歪みが起こり姿勢やバランスが悪くなってしまうのです。だから200本以上ある骨はそれぞれがしっかり動けるようにしておかなければいけないのです。そうしないと動ける骨だけでバランスをとらなくてはいけなくなるので、普段とは異なる無理な形をしなくてはいけなくなり、歪みや不良姿勢が生まれるのです。

◆ 筋膜って何?

筋膜自身はコラーゲンでできており、85%が水分で、体全身に張り巡らされています。皮膚が体の外側を覆っているように、筋膜は体の内部の筋や骨、内臓、神経、血管などを覆い支えています。そして筋膜は体の表層(皮下筋膜)から深層(腱、骨膜)まで連続して繋がりながら、立体的なクモの巣のように身体のすみずみまでをネットワークとして張りめぐらされています。姿勢を維持する上でも筋膜のテンションの影響も受けます。それは“第二の骨格”と呼ばれるほど関わりがあるのです。

筋膜は水分の枯渇やストレス、同じ姿勢での長時間作業(パソコンやデスクワークなど)、筋肉の柔軟性の低下などにより、筋膜同士が癒着してしまいます。すると筋肉自体の動きを阻害してしまい、筋肉の柔軟性を損なう原因になります。

日本の病院でも、肩こりの治療として生理食塩水を用いて筋膜にアプローチする方法があります。エコーで見ながら筋膜が癒着している部分に生理食塩水を注射することで、癒着を解消し肩こりを改善をさせています。アメリカでは、競走馬やペットの犬などの治療も筋膜を正常にしていく筋膜リリースが取り入れられています。

◆ 骨格×筋膜が必要な理由

骨と骨の間にある関節が正常でなければ骨は動きません。最適なバランスや構造的に楽な姿勢を保つためには、骨がしっかり動ける状態であることが絶対条件です。骨が動かないから構造的に楽なバランスが取れない為、不良姿勢が生まれ、腰痛、肩こり、膝の痛みなどの症状へと繋がっていくのです。つまり骨と骨の間にある関節が動かせることはとても重要なことなのです。

また、骨には筋肉が付いています。筋肉が引っ張っている状態になると骨は本来の位置を保てず、不良姿勢が生まれます。筋肉は筋膜などの軟部組織(腱、靭帯、筋膜、皮膚、脂肪組織など)の影響を受ける為、特に全身を張り巡らせている筋膜にアプローチをすることはとても重要なことなのです。

▪️ 骨盤矯正やカイロプラクティックに通っても姿勢が変わらない方は、筋膜などの軟部組織にアプローチできてはなかったのでしょうか?
▪️ 運動や筋トレをやっても姿勢が変わらない人は、動かない骨をそのままにしていたのではないでしょうか?

ずっと変えることのできなかった不良姿勢にアプローチできるのが、自由が丘あゆむ整体院の【筋膜&骨格矯正コース】です。
良い姿勢になれば、体の負担は減り、腰痛や肩こり、膝の痛みなどの症状も変わっていきます。変わらない姿勢や諦めていた症状を、あゆむ整体院で変えていきましょう!


自由が丘 人気 整体院