【注意】体を冷やして損してませんか!?簡単ポカポカ温活法!!

冷え症 健康 自由が丘

自由が丘あゆむ整体院の整体師の千葉です。
本日は、”温活”について書いていきます。

さて、温活とは何をすることでしょうか?
温活とは、温かくなる活動をすることです。

運動 肩こり 自由が丘

体が温まると、筋肉は元気になって、代謝も良くなり脂肪が溜まらず、肩こりや腰痛がラクになり、病気にもかかりにくくなってくる凄い活動になるのです。是非、日頃から温活を心がけていきましょう!

では、簡単に出来る温活活動3つをお伝えしていきます!

温活活動①『腹巻』
健康 腹巻 自由が丘

お腹から腰まわりを温めると全身の血流が促され、深部体温が上がって末端部分まで温まります。
最近は腹巻きの素材も沢山あるので、冬だけでなく夏でも利用する方が増えているようです。
但し、締め付け過ぎは良くないので、腹巻は緩めのものを活用してみて下さいね。

温活活動②『指じゃんけん』
足の体操 自由が丘 腰痛予防

寝る時に布団に入った後に、是非30秒、手と足の指のグーパーを大きく動かしてから寝てみて下さい。
筋肉を使うとそこに血流が集まり、手先や足先が温まり体がリラックスしてきます。
末端に血液が行くことで全身の血流も良くなっているので深部の体温も上がり眠りの質も良くなります。

温活活動③『万歩計』
自由が丘 ウォーキング 健康

体が冷える要因として非常に関わりが深いのが、運動不足です。
運動をしないでいると血行が悪くなり、老廃物が蓄積されてしまうことが手足や体の冷えにつながります。
理想は1万歩と言われていますが、まずは万歩計をつけて1日に自分がどれだけ歩いているか確認してみて下さい。
そして歩数の少ない方は、できるだけ階段を使ってみるとか、1駅分歩くなど工夫をしてみて下さい。
時間がなくそんな暇がない方は、歩くスピードを速くするのも非常に良い運動になる為、実践してみて下さい。
体がつくる熱エネルギーの半分以上は筋肉から生み出されます。筋肉量が少ない女性の方は特に気にしてやってみて下さい。

体が冷えている方、体温が低い方、肩こりに悩まされている方は、3つの温活で体を根本から変えていきましょう!