【肌と粘膜を正常に整える】感染症の予防に役立つビタミンA

こんにちは。自由が丘あゆむ整体院院長の千葉大輔です。
今回は感染症予防に役立つビタミンに関してお話していきます。

感染症予防はコロナウィルスが蔓延している今日においてはいたってスタンダードなものになりました。
マスクや加湿などさまざまな手法で感染から身を守っていると思います。
免疫力の強化としての観点だと、身体の機能的な部分を強化してあげることが必要です。
そのためこの記事では、身体を守る栄養素や摂取方法に加え、免疫器官である粘膜についても解説していきます。ぜひ最後までご覧ください♪

目次

・身体を守る栄養素
・粘膜組織とは
・粘膜組織の働き
・ビタミンAの一日の摂取量
・おすすめの食材
・まとめ

【体を守る栄養素】

毎日の食事があなたの体を作っていきます。その食事に含まれる栄養素は、体の中で使われる目的がそれぞれ異なります。今回は”身体の正常な粘膜を作る”ビタミンAについて詳しく解説していきます!

【粘膜組織とは】

粘膜組織とは、目、鼻、口や腸管などに存在し、ウィルスや細菌などの異物が体内への侵入を防ぐ役割をするのが粘膜組織です。

【粘膜組織の働き】

①体の内側を覆って物理的な隔壁を形成すること
②乾燥や温熱などの様々な物理化学的な刺激から体を保護すること
③体にとって有害なものを積極的に排除するバリア的役割をすること

なので粘膜が正常だと、例えウイルスが付着したとしても体内に侵入しないようしっかりと体を守ってくれることに繋がるので、ぜひ粘膜を作成できるようにビタミンAを食事の中に取り入れてみましょう。

ですがビタミンAは、取りすぎると頭痛や吐き気などの原因にもなるので、下記の数字を目安にして下さい。

【1日標準量】

成人男性 700-750μg
成人女性 600μg
※妊娠初期のビタミンA過剰摂取は胎児に影響があると言われるので注意が必要です。

【おすすめの食材】

多く含まれる食品は、豚レバー、鶏レバー、ウナギ、バター、鶏卵などの動物性食品

ホウレン草、ニンジンなどの緑黄色野菜によく含まれています。

まとめ

まずはしっかりとした肌や粘膜を作れるように栄養をビタミンAを摂取し、細菌やウィルスに負けない身体づくりを心がけましょう!毎日の食事の中に緑黄色野菜が入っているか、ぜひ確認してみてくださいね。

ページの一番上へ戻る🔝